スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/19 ソニー閉鎖問題で 「つどい」を開催

「家族をどう養うのか、不安でいっぱいだ」
20121219sony
 10月19日(金)、ソニー子会社美濃加茂サイトは、来年3月末での工場閉鎖を発表しました。工場で働く正規社員は配置転換や早期退職、請負や派遣などの非正規職員(多くがブラジル人などの外国人)1675人は契約打切りの方針です。
 こうした事態に対して、JMIU愛知支部、岐阜県労連、可茂地区労連は、工場門前早朝宣伝(ポルトガル語でも記載)や労組説明会・労働相談活動を通じて、ソニーで働く労働者に労働組合加入を呼びかけてきました。その結果、JMIU可児加茂分会ソニー班(約100名、可茂地区労連加盟)が結成され、同班はソニー美濃加茂サイトと三つの請負・派遣会社に対して、閉鎖計画撤回や雇用の確保等を求めた要求書を提出して奮闘中です。

続きを読む

スポンサーサイト

【お知らせ】12月22日・ソニー閉鎖問題を考えるつどい

ソニー閉鎖問題を考えるつどい

【お知らせ】恋するキャンドル(恋する企画第5弾)

恋するキャンドル


12/16 県労連第20回評議員会―各組合からの熱い発言

 12月16日、岐阜県労連は岐阜市で評議員会を開催し、春闘方針などを討論しました。討論では、年金者組合が定年退職者の結集を訴え、通信労組は不当な懲戒処分の撤回を目指す裁判について、JMIUは労働者の闘いの先頭に立つと宣言、生協労連は賃下げ申し入れに屈しない決意、教組は過労死ラインを超え働く働き方改善を求めて闘う決意、自治労連は均等待遇を求めて非正規の処遇改善を訴え、建交労は若年層の失業対策が急務だ、など熱い発言が次々と飛び出しました。
 最後にJMIU可児加茂分会ソニー班の仲間がアピール。「2兆円以上の内部留保があるソニーは社会的責任を果たせ!地域に大きな影響を与える工場閉鎖・大量首切りは許されない!」との訴えに会場から大きな拍手が起こりました。

ミニトピ 10月~11月

●岐阜地区労連・みかん収穫体験
20121104研修旅行
 11月4日、岐阜地区労連は第8回目となる研修旅行を行い、総勢73名が参加。今回は浜松市北区の細江農民組合みかん園で収穫体験を楽しみました。その後、浜松市楽器博物館も見学しました。この企画を通じて3名の組合員が増えました。

●地域労連交流会
20121028地域労組
 10月28日、岐阜県労連は地域労連交流会を行いました。各地域からの代表者8人が集まり、組織拡大や自治体キャラバンなどについて学習・活動交流を行いました。

流汗悟道

 私自身、相変わらず、派遣労働者からの相談対応が続いている。美濃加茂市ソニー子会社就労の派遣労働者からは、「来年3月末の工場閉鎖で自分の雇用が不安」との訴え。十数名の外国人派遣労働者からは、「突然、即日解雇。生活できない」との訴え等▼相談時にいつも思うのが、労働者派遣法の不条理さ。派遣労働者を保護するよう抜本改正すべきなのに、今年三月の「改正」は極めて不十分な骨抜きの内容。例えば、仕事があるときだけ雇われる日雇い派遣は究極の不安定雇用であり、原則禁止となるはずだったが、例外だらけに。政令で定めた十八業務は、日雇い派遣OKの例外。十八業務の中には、「事務用機器操作」も含まれており、普通のパソコン操作でも例外に該当だと偽装される懸念がある▼労働者派遣法改正が骨抜きになったのは、民主・自民・公明三党が「談合・闇取引」をした為。この三党は、二〇〇八年の年越し派遣村を忘れてしまったのか。師走の総選挙では、この三党には敗北してほしい。では、他の政党は、労働者派遣法についての考えはいかに。雨後の竹の子のような政党がいくつかできたが、派遣労働者保護の政策は見えてこない。組合員のみなさん、よく検討しましょう。私は、労働者派遣法抜本改正を実施する衆議院になってほしいと思う▼私は、今度の日曜日に、虐げられた派遣労働者らに会う予定。彼らに希望を持って頂くべく、努力していきたい。(岸、一一月二八日記す)

12/1 県春闘共闘会議総会  たたかいに大きな前進が

 12月1日、岐阜市で春闘共闘会議総会が開催されました。午前中は未来工業・山田相談役を講師にお迎えし、「1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる!」と銘打っての記念講演に46名が参加。山田さんの独創的な考えや行動に驚き感心し、そのユーモアに大爆笑する2時間となりました。
 その後、総会・討論集会が行われ、活発な議論が交わされました。医労連の小島さんからは「自治体キャラバンで市立病院を回って懇談した」、建交労の坂田さんからは「7月に労働組合を結成。会社が第2組合をつくっても、私たちの組合にはたくさんの仲間が残っている」、JMIUの原中さんからは「美濃加茂ソニーの閉鎖問題で労働組合が闘い、仲間が増えている」など、たたかいいや活動の中に大きな前進が生まれていることが議論されました。

【予告】岐阜県春闘共闘会議/記念講演/総会&春闘討論集会

2012年12月1日(土)
会場:ワークプラザ岐阜

記念講演 10時~ 山田昭男さん(未来工業取締役・相談役)
「1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる!」

総会&討論集会 13時~

参加費1000円(お弁当付、県労連組合員は無料)

参加申し込みは11月26日までに岐阜県労連まで ℡058-252-3013

プロフィール

岐阜県労連

Author:岐阜県労連
■岐阜県労働組合総連合
〒500-8879 岐阜市徹明通7-13 岐阜県教育会館402号
電話:058-252-3013 FAX :058-253-4996

労働相談ホットライン

■岐阜県労働者相談センター
0120-378-060(フリーダイヤル)

コメント欄での労働相談は受付ておりません。
お手数ですがフリーダイヤルにお願い致します。

岐阜県最低賃金:時給724円

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。