スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【建交労】揖斐郡森林組合支部結成

労働条件向上と森林組合の発展めざす
20121123建交労

 昨年11月23日、建交労岐阜県本部揖斐郡森林組合支部(18名)が結成されました。揖斐郡森林組合は、岐阜県内に20ある森林組合の一つで、1995年に地域の7森林組合が合併して設立された岐阜県下初の広域森林組合です。
 同森林組合は、従来の造林事業だけでなく、間伐材加工やウッドチップリサイクル事業などに取り組んできましたが、木材価格の低迷や森林所有者の山離れがすすみ、年々取扱高が減少する状態でした。さらに森林組合は、経営改革と称して森林作業員の雇用契約を請負契約に変更し、社会保険を国民健康保険に切り替えるよう提案してきました。
 作業員の給与は出来高制となっており、作業に必要なチェーンソーや安全具、燃料代などすべて作業員持ち、雨などで作業出来ない日が多くあれば、月の収入が10万円を切ってしまう状況で、多くの作業員から不満や不安の声が出ました。
 たまたま、ある作業員の伯父がJMIUの組合員であったことから相談があり、林業労働者なら建交労が頼りになると紹介され、組合結成の運びとなりました。結成大会で初代支部委員長に選出された今西さんは、「森林組合側は経営努力をしないまま、現場で懸命に働く作業員に犠牲を押し付けようとしています。労働組合をつくり、作業員の労働条件向上と森林組合の発展をめざしたい」と決意を語っています。 ウッドチップリサイクルとは、伐採工事や剪定工事で発生する幹以外の、これまで有効利用されていなかった松葉や下草、根株や竹などの樹木廃棄物を森林資源として100%再利用すること。
スポンサーサイト

力合わせ学校・教育をよくしよう!

教育署名は11月22日までに事務局へ
20121112教育署名風景

教育署名スパート集会
 10月13日、「スパート集会」と銘打って岐阜県実行委員会の中間集会を開きました。
 集会では、国体で振り回されたり、行事で忙しかったりで、これからいよいよという発言も多くありました。
▼国体で、各学校は動員、ボランティア、選手等でかなり振り回されている。
▼岐阜市はエアコンの導入を検討すると言っている。
▼ある高校では、1年生全員に署名用紙を配り、2・3年には昨年の協力者中心にお願いしている。これからです。
▼公務員の退職金削減反対の署名と同時に回している。高校では教頭も、回してくれている。
▼学校現場がどんな様子か、多くの人に知ってもらって、力を合わせないと学校も教育も変わらない。教育署名の活動がその一端の役割を果たせるといい。

解散・国鉄闘争を支援する岐阜県の会/発足・JRの安全を考える岐阜県の会

20121116JR
 11月16日、国鉄闘争を支援する岐阜県の会は「第23回解散総会」をハートフルスクエアGで行い、国鉄闘争の長い闘いに幕を閉じました。今後はJRの利用者アンケートなどの運動を引き継ぐ団体として「JRの安全を考える岐阜県の会」を新たに発足させました。
 主催者挨拶で木下代表は、「国鉄闘争が終結した。国鉄闘争を支援する岐阜県の会は解散するが、『JRの安全を考える岐阜県の会』が発足する。利用者からのアンケートには駅員がいないことやホームからの転落や線路上での事故などJRの安全について記入がある。『東海の会』で進めてきたこのアンケートは大変重要になっている」と、「JRの安全を考える岐阜県の会」の重要性について語りました。総会は満場一致で可決成立しました。

通信労組・岐阜支部NTT不当減給・降職撤回裁判

N課長の嚥下痛はあやしい!
20121112NTT

 11月12日に原告河田さん(写真中央)の不当減給・降職撤回裁判の第4回口頭弁論が開催されました。
 裁判で問題となっている処分の理由は、N課長がNTTの「50歳退職・賃下げ再雇用」に応じなかった河田さんに対し、健康管理区分について広域配転可能となるよう虚偽の説明をしたため、河田さんが発作的にその課長の胸部付近のシャツを掴んだことです。河田さんは「すぐに手を離した、病休明けで精神的に不安定であった、反省してすぐに謝った、N課長は怪我をしていない」と主張し、「酷すぎる処分だ」と訴えています。しかし、NTT側は、「怪我はあった」「掴まれたため嚥下痛が生じた」と主張。この怪我のことは争点の一つとなっています。
 口頭弁論では、原告弁護団は、この問題について、不自然さを追求しました。
① 嚥下痛は物を飲み込んだときの痛み、即ち食道を損傷したことが前提。食道は喉の後側。シャツを掴んで喉を圧迫しても、損傷は喉の前部の気管のはず。気管の損傷が無く、食道の損傷があるとは考えられない。
② N課長はシャツを掴まれてから3日後にクリニック受診している。
 N課長の嚥下痛のあやしさについては、被告NTT側は、今後、反論を試みる予定です。
 次回は、岐阜地裁で来年1月21日、10時15分です。

大堀さん、はたらく女性の中央集会へ参加

「女性のパワーで、国を動かすように」

 11月11日、京都で「第57回はたらく女性の中央集会」が開催され、岐阜県労連幹事の大堀小夜子さんが参加しました。当日は、安斎郁郎氏(安斎科学・平和事務所所長)の講演「放射能災害と私たちの生活」がありました。また、「男性も女性も人間らしく働くことができる社会をめざす」アピールが採択されました。
【大堀さんの感想】
 今回、初めて参加しました。原発事故に対する政府の対応は遅れている。一日も早く『原発ゼロ』にしていかなければならない、女性のパワーで、国を動かすようにみんなで運動していきたいと思いました。もっと多くの組合員が、こんなすばらしい集会に参加できると良かった。

原発ゼロへ 岐阜県下でも連帯行動!

20121111原発ゼロ行動

 11月11日、「反原発1000000人大占拠」が国会周辺・省庁前で首都圏反原発連合(反原連)の呼びかけで行われ、約10万人が詰めかけました。この行動に呼応し、岐阜県内でも岐阜市・中津川市・可児市・高山市・大垣市などでも集会が開催され、延べ約600名が参加しました。
 岐阜市の集会には150名が集まり、「原発ゼロに」「再稼働反対」と訴え、中電前をデモ行進しました。雨の中、子連れで参加された方もいました。
 可児市の集会には90人の参加がありました。今回は「高校生に呼びかけよう」と加茂、加茂農林、可児、可児工業、東濃、東濃実業、八百津の7つの高校の前で「高校生のみなさんへ」と書いたチラシを配りました。
 結果的には高校生の参加は見られませんでしたが、可茂地区のたくさんの高校生に、こういう行動があるということを知らせることができました。彼ら、彼女たちが「身近な所でも声を上げている人がいるんだ」と行動を知ってくれたことは意味があると思います。
 集会では、ドイツから可児市へ里帰り中に参加した若い女性が、脱原発を選んだドイツの話をして下さいました。

岐阜県・岐阜労働局に対し要請

20121107県要請
 岐阜県労連は11月7日に岐阜県・岐阜労働局に対して要請行動をおこないました。岐阜県の要請では「高校の授業で労働者の権利を教えてほしい」との要請に対して岐阜県は「パンフレットを作成している。高校生に配るつもりだ」と回答。労働者の権利学習を授業でもやって欲しいとの要請には「やっていただけるものと考えている」と前向きな回答を示しました。
 岐阜労働局での要請では、美濃加茂ソニーの工場閉鎖問題で対策を要請すると、労働局の職員は「岐阜労働局は再就職支援や労働関係法令の遵守啓発をおこなうよう対策をとっている」と、特別相談窓口の設置や外国語の相談対応、企業の雇用維持・再就職などの支援策を説明しました。

流汗悟道

 輪之内町に未来工業という会社がある。すべて正社員で残業なし、年間休日は140日、育児休業は3年。定年は70歳、定期昇給がそれまでずっとつづく。昔から有名な会社だったがメディアに取り上げられて、ますます有名になったようだ。その創業者である、山田昭男さんは現在、取締役相談役となっている。毎月20日くらいは全国各地を講演して歩いているのだそうだ。山田さん曰く「正社員の代わりに派遣やパートを入れた会社はコストは下がったかもしれんが、儲かったのかい?わしは儲かってないと思うんだ。社員のやる気をなくしたら儲からないんだよ。上司はなんでも管理したがるけど、管理すればするほど労働者はやる気がなくなっていく。だからうちでは報告も相談も禁止。社員は自分の責任でやることになっている。その方がやる気がでる。しかも労働時間も短くした。だらだら働いてもらうのは意味がないからね。短い時間で結果を出さなければならないからこそ、考えることが必要になってくる」。そんな夢のような考え方が当たり前の社会にならないかな、と思い、12月1日には春闘共闘会議で山田さんに講演していただく。是非、参加してください。

【ミニトピ】10月

●フットサル大会
20121020フットサル

 岐阜大学職員組合と岐阜県国公、岐阜県労連は10月20日にフットサル大会を開催しました。約40人が参加し、熱戦を繰り広げました。チーム「のりんちゅ」が優勝しました。

●可茂地区労連結成20周年レセプション
20121020可茂地区労連

 10月20日、可茂教育会館にて開催。20周年を振り返り、新たな飛躍めざして奮闘することをみんなで確認し合いました。

プロフィール

岐阜県労連

Author:岐阜県労連
■岐阜県労働組合総連合
〒500-8879 岐阜市徹明通7-13 岐阜県教育会館402号
電話:058-252-3013 FAX :058-253-4996

労働相談ホットライン

■岐阜県労働者相談センター
0120-378-060(フリーダイヤル)

コメント欄での労働相談は受付ておりません。
お手数ですがフリーダイヤルにお願い致します。

岐阜県最低賃金:時給724円

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。