スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本トムソン派遣切り裁判証人尋問

Sさん、証言台にて訴え「派遣労働者に責任を押しつけてひどい」
20120116JMIU日本トムソン
 JMIU日本トムソン支部派遣切り裁判は、1月16日、被告側証人3名への尋問が行われました。原告のSさんも証言台に立ち、「(労働者派遣法違反の)専門26業種の問題は、日本トムソンとスタッフサービス(派遣元)の責任。日本トムソンに仕事が無くなったわけではないのに、派遣労働者に責任を押しつけてひどい」と自らの思いを裁判官にアピールしました。
 裁判の争点の一つは、労働者派遣法違反となる事前面接の存否です。08年1月25日、日本トムソンは事前面接を行いましたが、同社は「事前面接ではなく、業務概要説明」と主張しています。しかし、反対尋問の中で、被告側証人は、自宅住所・残業・重量物持ち上げについて質問があったこと否定できず、「雑談の中であったかもしれない」と言って誤魔化していました。専門26業種違反による労働局の是正勧告への対応も争点の一つですが、日本トムソンは佐藤さんの雇用安定の努力をせず、派遣元に責任を押しつけていた実態が浮き彫りとなりました。
 1月16日は、早朝に美濃市の日本トムソン岐阜製作所前でのJMIU日本トムソン支部や岐阜県労連による宣伝行動(写真)、尋問終了後の報告集会も開催されました。裁判は、3月21日に最終口頭弁論の予定であり、結審見込みです。
 みなさん、引き続き、署名等ご支援をお願いします。
スポンサーサイト

岐阜県労連第19回評議員会開催

新しい運動の流れをつくろう!
20120108県労連評議員会
 県労連は1月8日に第19回評議員会を開催。冒頭、河嶌議長が「新しい流れが生まれている。制服向上委員会(アイドルグループ)が『ダッ!ダッ!脱・原発の歌』と歌っている。すばらしい。ぜひ岐阜に呼びたい」と挨拶をすると会場から歓声が上がりました。
 春闘方針で幅広い市民との共同や県労連加盟のたたかう労働組合の存在が大切であることが強調されました。3月11日原発反対集会参加、単組春闘交流会開催、トヨタ総行動参加、地域に根ざした春闘の闘いなどが提起されました。
●吉田評議員(国公)「国の出先機関廃止で地方はもっと大変になる。住民サービスを守る立場で運動したい」
●澤田評議員(生協労連)「職場でも最賃千円以上引き上げに努力したい。ほとんどの短時間労働者に当てはまらないパート労働法の改正の運動をしていく」
●玉田評議員(建交労)「安い賃金で労働者が働いている。最賃・公契約は重要な課題だ。仕事を増やせ、雇用を増やせの取り組みも追加して欲しい」
●岐阜教組村上委員長「学校は30%~40%が非正規だ。しかも夏休みなどは仕事がない。あまりにも待遇が悪く、なり手がいない」
 これらの発言の後、議案の採決が行われ、賛成多数で成立しました。

賃金・雇用改善、震災復興・原発ゼロへ 強大な組織建設と一体の春闘展開を!

建交労岐阜県本部「二〇一二春闘学習会」開催
20120108建交労旗開き
 1月8日、建交労県本部の「春闘学習会」と「新年旗びらき」をコープ虹の家で開催し、8支部から約40人が参加しました。
 学習会では、中央本部の赤羽書記長が情勢とたたかいの展望について報告。特に、「労働者や地域経済・中小企業経営の現状を打開するには『新自由主義』からの決別・内需拡大が重要であり、雇用の70%を担っている中小企業経営を守る立場が必要だ。『生活実態アンケート』を重視し、全組合員が参加し、99%の要求・政策を確立できる春闘を」と呼びかけました。
 さらに、春闘最大の課題である「賃金・雇用改善」では、「一人の要求では弱いが、ここでも『アンケート』を広げ、仲間を増やし、要求闘争を組み立てれば前進できる展望は生まれる」として「アンケート」活動の重要性を強調しました。
 8支部から現状と決意の発言をうけ『旗開き』でお酒と手作り料理で連帯と決意を固めあいました。

岐阜県春闘共闘会議・新春宣伝行動

JR岐阜駅前で元気に30名!
20120106春闘共闘新春宣伝
 新年明けて1月6日、岐阜県春闘共闘会議は恒例の新春宣伝行動を実施、加盟単産から30名が駆けつけました。JR岐阜駅前のデッキ上で家路を急ぐ通勤・通学の市民に向って、ハンドマイクとテイッシュで元気に宣伝。「こんな不景気の中で消費税を上げたら私たちの生活はどうなりますか!」「震災復興だの、社会保障財源だのと政府は言いますが、消費税を増税する時のいつもの口実です。だまされてはいけません!」「TPP参加で日本の農業・医療は決定的な打撃を受けます!私たちの生活に大きく悪影響します!」「最低賃金大幅引き上げで消費力をアップして景気回復を!」「岐阜市から直線距離ですぐの場所に若狭の原発銀座があります。もしもの時、私たちも大きな被害を受けるかもしれません。今すぐ脱原発を!」等など、各単産から交代しながら訴えました。1時間足らずで1500個のティッシュを配布。今年こその思いを強くする宣伝になりました。

新年のご挨拶-県労連議長 河嶌伸友

 結婚した当初、家事が何もできない夫であるのを察知した妻は厳しい訓練を私に課した。洗濯の仕方、干し方、たたみ方、ごはんの作り方、ゴミの分別、風呂の洗い方、掃除機のかけ方などなど。怒声を伴う指導はそれはそれは男のプライドを軽く粉砕するものだった。しかしある時、私は家事についてはどうも変身したらしくいつのまにか、毎朝「洗濯物を干す男」として近所に知られ、妻が寝ころんでテレビを見ている傍らで洗濯物を何の感慨もなくたためる男となった。どうもある転換点を経るとそうなるように思えるのである。
 政治にも転換点は当然ある。政権交代を経て当初の民主党マニフェストにあった、後期高齢者医療制度の廃止、介護労働者の所得アップ、沖縄普天間基地の移設はことごとく反故となった。いまの野田政権は自公政権以上に消費税増税に意欲を燃やし、大企業と富裕層のために減税を行い、社会保障の理念を突き崩して破壊しようとしている。このような悪政は転換しなけばならない。
 消費税増税が決定的になる3月までに野田政権を解散総選挙に追い込む必要がある。12春闘は「野田政権打倒春闘」となるのだ。税と社会保障の一体改革、TPP問題など国民をまやかし、より苦境に陥らせる悪政に踊らされず、真実を広く伝え、格差社会をなくす元年と呼ばれる年にしていこう。

プロフィール

岐阜県労連

Author:岐阜県労連
■岐阜県労働組合総連合
〒500-8879 岐阜市徹明通7-13 岐阜県教育会館402号
電話:058-252-3013 FAX :058-253-4996

労働相談ホットライン

■岐阜県労働者相談センター
0120-378-060(フリーダイヤル)

コメント欄での労働相談は受付ておりません。
お手数ですがフリーダイヤルにお願い致します。

岐阜県最低賃金:時給724円

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。