スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告知】全国青年大集会2011(10/23)

「震災だから」じゃ済まされない!
まともな仕事と人間らしい生活を!

 日時 : 10月23日(日)11:00~17:00
 場所 : 東京・明治公園
 主催 : 全国青年大集会2011実行委員会

 11:00~分科会
  「原発とエネルギー」「最低賃金」のテーマ別、医療・保育などの職種別などで交流しよう!
 13:00~メイン集会
  派遣切りに声をあげた青年など、全国のたたか いのリレートークなど勇気がわくステージ
 15:00~アピールウォーク(17:00解散予定)

●詳細はこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/seinen_koyou_syukai/32718250.html
スポンサーサイト

【告知】2011ぎふ高齢者のつどい(10/19)

2011ぎふ高齢者のつどい
つながりを広く深くして、憲法25条を輝かせよう!

 日時 : 10月19日(水)13:00~16:00
 場所 : ワークプラザ岐阜・5F大ホール
 主催 : 全日本年金者組合岐阜県本部

 アトラクション(郡上の嵐)、各地域からの報告、講演「どうなる年金制度」を予定しています。
 講演後、市内パレード、午後4時に岐阜駅東着の予定です。

豊郷小学校と 近江八幡市を訪ねて

20111016岐阜地区労連研修旅行
 今回、この研修旅行(岐阜地区労連主催)に参加した経緯は、訪れる豊郷小学校が「けいおん!」というアニメの舞台だった、というのが理由で、旅行の計画段階の内に聞きつけて、内々に個人的な参加を打診した所、それなら青年ユニオン協賛ではどうか!?という話になり、ご厚意により参加した次第です。
 動機としては些か不純!?ではありましたが、いざ豊郷小に行ってみると、想像以上に素晴らしい建物で非常に感銘を受けました。無論、アニメの場面のそのまんまという部分でもそうでしたが、それ以上に保存運動に尽力された本田さんの説明による建物の案内で、実際に通う子どもたちの事を考えた思いやりにあふれる設計や、地元出身名士による私財をなげうっての建設の経緯、一般の見学者では見られない所まで案内してもらって、非常に満足した時間を過ごせました。
 午後は近江八幡市内の散策で、豊郷小と同じ設計者のヴォーリズ建築の数々と、古い町並みを見てまわりました。どれも雰囲気のある建物でした。どちらの場所も比較的近いので、個人的にまた訪れてみたいと思いました。機会があれば、来年も参加したいと思います。

岐阜青年ユニオン委員長 鶴田行雄

地域主権改革一括法の学習会

憲法の立場で地方自治の実現を
20111013地方自治学習会
 10月13日、自治労連ぎふ自治体一般と岐阜県労連は地域主権改革一括法の学習会を開催しました。主催者挨拶にたった自治労連ぎふ自治体一般労組の酒井委員長は「地域主権改革一括法によって、あらゆる基準が地方自治体に任される。財政状況が厳しいなかで生存権保障の基準を削られると大変なことになる。自治体の基準緩和を許さず、これまでの基準を維持・拡充させていくことが重要だと思います」と語りました。その後、自治労連愛知県本部の永井和彦さんが講演を行いました。
(下記に講演要旨)

続きを読む

スポーツの秋! フットサルで交流と親睦を深めたよ

20111010フットサル大会
 10月10日、岐阜大学にて岐阜大学職員組合・岐阜県国家公務関連労働組合共闘会議・岐阜県労連青年部準備会の共催でフットサル大会を開催し、35名が参加しました。今回は幅広く組合未加入のチームの参加もありました。
 大会はリーグ戦で行い、前回の覇者、全労働岐阜支部が安定した試合を展開し、昨年に引き続き連覇を達成しました。優勝した全労働岐阜支部には試合球のフットサルボールがプレゼントされました。
 参加者は「1年に一回ですが、交流が深められ、試合の勝ち負けにかかわらず、楽しめました」と感想を述べました。

神岡鉱山じん肺根絶 10.10市民集会

私の肺は灰色 空気があっても上手く吸えません
20111010神岡じん肺
 10月10日、飛騨市神岡町公民館にて、三井金属・神岡鉱山じん肺根絶を求める市民集会が開催され、約270人が参加しました。この集会は、「なくせ じん肺全国キャラバン行動」の一環としての開催であり、北海道や東京からの参加者もありました。

続きを読む

反対 です!問題が多い「子ども・子育て新システム」

 政府は公的保育制度を解体し、保育の市場化をめざす「子ども・子育て新システム」を導入しようとしています。しかし、新システムになれば財源が確保できるといいますが、その保障はまったくありません。そのうえ、保育費用や保護者負担はどうなるか、など課題が山積みのままです。にもかかわらず、2013年度から新システムの実施を強行しようと、関連法案を提出する準備を進めています。

子どもを守る基準の引き上げを!

 保育所の最低基準は、世界的に見ても低い水準です。ところが政府は地域主権の名のもとに最低基準を廃止して、自治体の判断で基準を切り下げられるようにしてしまいました。基準の切り下げにつながる地方条例化は、子どもの命を脅かします。国としての基準を守り、抜本的に改善することが必要です。

保育・子育ての充実は国と自治体の責任で!

 子どもたちはどんな地域・どんな家庭に生まれても、健やかに育つ権利が等しく保障されなければなりません。そのためには、国・自治体が責任を持って保育所・幼稚園・学童保育の条件整備を図ることが必要です。
 家庭の経済状況によって受けられる保育に格差が持ち込まれてはなりません。
(自治労連・酒井)

岐阜県労連新議長就任挨拶・河嶌伸友(岐阜医労連)

労働者を守り、権利を発展
させてきた歴史の一員に

 新しく議長に選出されました、河嶌伸友です。出身単産は医労連で単組は岐阜民医労です。今から32年前にみどり診療所に就職した時、カンノさんという人が現れ「組合に入ってね」と言われ何も考えず入ってしまいました。今の新入職員に労組加入を勧めたときの反応を見ているとよほど当時の私は純朴であったのかと思います。
 東日本大震災が起きて今ほど国や自治体の役割が問われている時はないと思います。でも新しく就任した野田首相はあんまりモノを言わずだまって悪いことをするという感じがします。強烈なリーダーシップでもって復興を行って欲しいと思いますが、彼の眼は財界やアメリカに向き、国民の方にはあまり向いてないのではないでしょうか。
 震災復興に名を借りた大増税と社会保障破壊の方向が明らかになっています。「税と社会保障の一体改革」と呼ばれるものです。福島第一原発の事故は未だ収束の方向が見えませんが「脱原発」の方向は明らかになりました。
 こういう世の中ですが、岐阜県労連はいかなるものにも屈することなく労働者を守り権利を発展させてきた歴史があります。私も強力な事務局員と強力な県労連傘下の組合員の皆さんと共にその歴史に加わっていきたいと思います。共にがんばりましょう。

流汗悟道10/1

 「菅降ろし」をめぐって、政局の迷走が繰り返されたあげく、民主党野田政権が誕生した。▼首相に指名された野田氏が真っ先におこなったことは以下の二つだ。
一つめは、自民党谷垣総裁と公明党山口代表に会い、「3党合意」のへ忠誠を改めて誓い、さらなる連携の強化を求めたということだ。国民の切実な願いと運動を背景にマニフェストに盛り込み、実現してきたいくつもの政策を、自らの延命のために投げ捨てるというのだ。野田氏は、消費税増税を盛り込んだ税と社会保障の「一体改革」にふれ、増税法案を2012年の通常国会に提出することも改めて表明した。これは民自公3党による大連立、つまり自公政権時代の悪政への逆戻りにほかならない。▼野田氏が真っ先に行ったもう一つのことは、就任あいさつのため、経団連の米倉会長など各経済団体を訪問したことだ。野田氏の首相就任を待望していたという米倉会長も野田政権を全面的にサポートする姿勢を強調している。▼何をおいても大震災の復興と復旧と国民生活の安定を第一に進めていかなければならない中、いったいどちらの方向に顔を向けているのだろうか。私は、この二つのことからだけでも、新政権の性格を押しはかることができるのではないかと思う。野田政権が進めようとしている、アメリカと財界いいなりの政治の動きに対して、きっぱりと歯止めをかけるためには、国民的な運動を大きく広げていくことが重要だ。そのために、私たち岐阜県労連も力を尽くしたい。(村上)

【労働相談日誌】今年は30人超の 組合加入者!!

 今年の労働相談件数は、8月末までで264件です。昨年の累計(12月まで)は377件でしたのでほぼ同じような状況です。08年・09年は「派遣切り」の影響か600件近くありました。今年は、20歳代の相談が多いようです。不安定雇用や労働条件が悪くなっているのではないでしょうか。相談者の勤める企業規模は、30人以下が圧倒的です。
 相談の内容は、「有休がない」「賃金を払ってもらえない。どうしたらよいでしょうか」「上司に怒鳴られ、仕事ができんといじめられている。パワハラではないか」など色々です。労働相談というより、悩みを聞くという相談も多くなってきたように感じています。フィリピンなど外国籍の派遣労働者からの相談も少なくありません。
 今年の特徴は、何人かが「組合に入りたい」「一人でも入れる組合を紹介して下さい」と、労働相談を通じて組合に加入した人が30人を超えたことです。岐阜県労働者相談センターとしては、県労連を通じて組合(建交労、地域・地区労連、JMIU、医労連、青年ユニオンなど)を紹介しています。組合に入ってたたかうことが要求実現の近道だと感じています。
(センター所長 竹中美喜夫)

プロフィール

岐阜県労連

Author:岐阜県労連
■岐阜県労働組合総連合
〒500-8879 岐阜市徹明通7-13 岐阜県教育会館402号
電話:058-252-3013 FAX :058-253-4996

労働相談ホットライン

■岐阜県労働者相談センター
0120-378-060(フリーダイヤル)

コメント欄での労働相談は受付ておりません。
お手数ですがフリーダイヤルにお願い致します。

岐阜県最低賃金:時給724円

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。