スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災救援カンパのお願い

 岐阜県労連では、東日本大震災による被災者支援のため、救援カンパに取り組んでいます。救援物資やボランティア派遣については刻々と情報が変化しているため、お問い合わせ下さい。

◆救援カンパの振込先

○郵便振替口座
 番号 00170-3-426272
 名義 全国労働組合総連合

○三菱東京UFJ銀行秋葉原支店
 口座番号(普)3031551
 口座名  全国労働組合総連合

※通信欄に「東日本大震災カンパ」と明記して下さい。
スポンサーサイト

流汗悟道

夏休みになると宿題のひとつとして自由研究と工作というものがあってこういうものはだいたい夏休みの中盤過ぎにとりかかることになっている(私と私の子どもたちの場合だけかもしれないが)。▼なぜそんなものがあるのかよくわからないが、私の子どもの頃から宿題として存在し続けているのだからよほど有意義な宿題方法なのだろう。▼自由研究は大変おもしろい。何を研究しようか夏休み前から頭をひねる。しかし研究テーマはたいてい夏休み突入後に決まるので、観察日記のようなものだといつもちょっと出遅れるのだった。恥ずかしながらわが研究の一端を申せば、「雲の研究」夏休み中、空を眺め雲量を記録、「石ころの研究」道ばたの石ころがなぜできて今後どうなるかを研究、など。▼大人になっても夏になると時々、自由研究をしている。「牛乳」を研究したときは殺菌方法の違いによりおいしさに差ができることを知りびっくりした。低温殺菌牛乳がおいしい。▼今夏は仕事絡みのこともあり研究したのは「放射線と放射能」。福島第一原発の事故は未だ収束せず情報もきちんと出されているかもわからない状態が続いている。多くの日本人が不安を覚え、テレビ、新聞その他メディアで「放射線と放射能」のことを知った。おそらく世界で一番、放射能に詳しい国民になったであろう。▼「脱原発」の方向が明らかとなった。この流れはもう止められない。今や「無知蒙昧の輩」は原子力推進勢力に他ならない。彼らは夏休みと言わず、今すぐ研究すべきなのだ。 (かわしまくん)

今年の最賃引上げはたった1円! 707円で生活できるの!?

 2011年度の最低賃金額が決定されました。1円の引き上げで707円です。一日8時間、月22日働いて額面で12万4432円、手取り額は10万円強にしかなりません。それで暮らしていけるとは誰も思えない金額です。
20110727最賃署名提出最賃審議会に最賃引上げ署名を手渡す、森岐阜県春闘共闘会議議長。

 私たちは「最低賃金はせめて1000円以上」を掲げてきました。もちろん、これでも月額の手取りは15万円前後にしかなりません。しかし、まずは1000円。これは2年前の衆院選で民主党が掲げたマニフェストであり、世論も強く支持しました。記憶に新しいところです。それがいつの間にか「まずは800円に」とトーンダウンし、今年に至っては多くの県で「+1円」。たった2年で最低賃金引き上げの意志を放棄した民主党政権に国民は失望し、「自公でも民主でも結局は同じじゃないか」の声が世間で渦巻いています。
 7月27日、岐阜県労連は「最低賃金を直ちに1000円以上に引き上げるべきだ」とした意見書を岐阜県最低賃金審議会に提出。同時に皆さんから寄せられた「最賃1000円以上引き上げを求める要請署名」3502筆を提出しました。しかし、残念ながらその意見書は顧みられることなく、8月5日、最賃審議会は全会一致で「1円の引き上げで707円」とする最低賃金額を岐阜労働局長に答申。8月22日、異議申し立てを行いましたが、翌23日、審議会は異議申し立てを容れないと決定し、たった1円の引き上げで今年の最低賃金審議は終わってしまいました。
 岐阜県内の雇用条件はどんどん悪くなっており、最低賃金スレスレの時間給で採用募集をかけているケースも珍しくありません。今こそ景気の底上げで震災復興を下支えしなければならない時に、完全に逆行する状況ですが、一度は政権交代を実現させた世論だったのです。みんなで、色んなところで最賃引き上げを話題にしていきましょう。

岐阜県労連第23回定期大会開催

 9月3日、岐阜県労連は各務原市内で第23回定期大会を開催し、代議員からの熱い討論が繰り広げられました。ご紹介します。
20110903県労連大会

続きを読む

岐阜県労連2011年度運動方針

 県民の期待に応える岐阜県労連に

 昨年の第22回定期大会では「地域に根ざした活動」を重視することを提起してきました。地域労連・産業別組合がそれぞれ、自らの要求課題で地域に目を向けた具体的な運動を展開し、多くの県民の共感が広がりました。飛騨地区労連が行った、図書館司書の民間委託に反対する運動や西濃地域労連での大垣商店街と共同したメーデー「相談村」、恵那地域労連準備会が恵那地区労と共同の「明日の恵那を考える会」、岐阜地区労連の自治体懇談や中立労組訪問など、地域に打って出る活動が共感を広げ、労働組合の活動が県民に広く知られるようになりました。

続きを読む

プロフィール

岐阜県労連

Author:岐阜県労連
■岐阜県労働組合総連合
〒500-8879 岐阜市徹明通7-13 岐阜県教育会館402号
電話:058-252-3013 FAX :058-253-4996

労働相談ホットライン

■岐阜県労働者相談センター
0120-378-060(フリーダイヤル)

コメント欄での労働相談は受付ておりません。
お手数ですがフリーダイヤルにお願い致します。

岐阜県最低賃金:時給724円

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。