スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興を生きる歓びと働く喜びを学んだ 被災地ボランティア活動

力を合わせて
201105被災地ボランティア
 初めての被災地ボランティア活動で、何が出来るか自問自答で考えていましたが、現地に赴き、被災地の方たちと接するうちに彼らから生きる歓びと働く喜びを学んだ思いです。
 1日の作業を終え、センターに帰るときには車が見えなくなるまで手を振ったりお辞儀をしたままの方もいたし、「復興して元の生活に戻れば、ぜひ、九州ではなく東北に来てください」と懇願されました。
 朝と夜はみんなで自炊し、足りないものは近くのスーパーで調達。事務所2階には、全国から寄せられた布団・枕などが用意されていて不自由ない生活でした。

続きを読む

スポンサーサイト

地域運動が今、熱い! 明日の恵那市を考える会交流会

20110508明日の恵那を考える会
 2011春闘の中で恵那地区労(自治労連東濃公共一般・建交労・恵那病院労組・年金者組合や岐阜教組恵那支部)は未組織労働者アンケートを行い、労働組合を結成しました。また地域での問題に焦点を当てながら労働組合への関心を高めてきました。
 5月8日に恵那地区労や地域の民営化に反対する住民運動組織などでつくる「明日の恵那市を考える会交流会」実行委員会が恵那市岩村公民館で集会を開き、60人をこす人々で会場はいっぱいになりました。
 開会に先立ち、上矢作で運動を進める住民組織の川上さんは「市は民間に公共サービスを委ねていっている。そうしたことにたいして住民の運動が起こっている。恵那市がなぜ、住民サービスを切り捨てていくのか。その根元をあぶりだしていく必要がある。そしてお互いの運動を知り合おう。そして学びあおう」と挨拶しました。
 続いて、それぞれの立場で運動を行っている方の発言がされました。

続きを読む

県内各地でメーデー開催「大災害を乗り越え、 国民が安心安全に暮らせる社会を!」

◆被災地のためにもみんなでがんばろう!
20110501岐阜メーデー
【中央・岐阜】5月1日開催された第82回中央メーデーは「♪晴れた5月」とは言えない曇天模様でしたが、約500名が岐阜市金公園に集い、大盛況となりました。
 地震により亡くなられた方への黙祷からメーデーは始まりました。開会挨拶で村上中央メーデー実行委員長(県労連議長)は「大震災という、まさに国難とも言うべきこの事態の中で、政治の転換がますます重要になっている。憲法を生かし、国民一人ひとりが大切にされる政治への転換をめざして、力を合わせてがんばろう」と挨拶しました。
 集会では単産を中心に1分間アピールを行いました。通信労組は「内部留保を震災復興と労働者に回せ」と訴え、建交労は「ストップ!浜岡原発」など地震被害や原発事故に対するメッセージの色濃いものとなりました。また、集会会場は岐阜教組の「クリーンエネルギー神輿」や各団体のプラカード・デコレーションで賑やかに彩られました。最後に「賃金引き上げや労働条件の改善、生活といのちをまもる取り組みこそ、労働組合の出番です。被災地のためにもがんばりましょう」と宣言し、集会を終えました。
 その後、岐阜市内をデモ行進し、市民に「震災復興」「許すな憲法改悪」「安心して暮らせる社会を」などを訴えました。

続きを読む

第82回岐阜県中央メーデー開催!

5月1日、岐阜市金公園にて、第82回岐阜県中央メーデーが開催されました。
20110501岐阜県中央メーデー1
あいにくの雨模様でしたが、メーデー集会には単産・単組・各団体から500名が集まりました。集会の最初に東日本大震災の被害者への黙祷を行いました。
会場には、「自然エネルギーみこし」をはじめ、色とりどりのプラカードやデコレーションが溢れ賑やかな集会となりました。
20110501岐阜県中央メーデー2
集会後は岐阜市内をデモ行進し、市民に被災地復興、賃上げ、増税反対などの要求を訴えました。

プロフィール

岐阜県労連

Author:岐阜県労連
■岐阜県労働組合総連合
〒500-8879 岐阜市徹明通7-13 岐阜県教育会館402号
電話:058-252-3013 FAX :058-253-4996

労働相談ホットライン

■岐阜県労働者相談センター
0120-378-060(フリーダイヤル)

コメント欄での労働相談は受付ておりません。
お手数ですがフリーダイヤルにお願い致します。

岐阜県最低賃金:時給724円

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。