スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県労連第18回評議員会 春闘共闘会議旗びらき

20110116春闘共闘旗開き
 1月16日、県労連第18回評議員会が開催され春闘方針を決定しました。春闘方針では菅政権のもとで民主党が08年衆議院選挙に掲げたマニフェストを破り、大企業優遇・アメリカいいなりの政治に大きく舵を切ったことを指摘。その影響で、多くの労働者・国民との共同が重要となっていると提案。その主戦場である地域を中心とした活動が重要になっていることを強調しました。今まで労働組合に関心や縁のなかった人たちが続々と労働組合に加入したり、一緒に活動する状況が生まれています。
 討議では「未組織労働者に加入を訴える場合に組合に入るメリットをはっきりさせる必要がある」「虐げられている青年労働者とどう繋がるかが重要。青年労働者のためにアンケート活動を行う」「公務員は虐げられている。地方出先機関の廃止の動きがあり、道路・水路やハローワークが国から地方へ移管の動きがある。地域と一緒に運動に取り組みたい」「時給1000円以上を春闘の要求に」「共済のメリットを広げていきたい」「現在の公務員の状況は石を投げつけられている状況。どうすれば住民によいサービスを提供できるのかという観点でみんなと対話するのが大切」「岐阜地区労連もローカルユニオンができた。いろいろな要求に答えられる地区労連にしたい」「年金者組合は2000人を突破。つながりたいと思っている年金者に加入を訴える」などの発言がありました。
 春闘方針は賛成多数で承認されました。
 夜には、春闘共闘会議主催で旗びらきを行い、約30名の参加で交流を深めました。国労が作ったおでんは、あっという間になくなりました。その後、ビンゴゲームをしました。来賓として新婦人の渡辺事務局長、県労働者相談センターの竹中所長があいさつを行いました。
スポンサーサイト

憲法の理念実現を めざす運動は地域から!

20110108憲法講演会
 1月8日、じゅうろくプラザにて、一橋大学名誉教授で「九条の会」の事務局を担っている憲法学者の渡辺治さんを招き新春平和講演会を開催しました(岐阜県国公、国公・岐阜9条の会、九条の会・岐大ネット、岐阜2001年の会の4団体共催)。市民を中心に総勢約280名の盛況な講演会となりました。
 市民に開かれた講演会としたことと、「民主党政権でどうなるくらしと平和」といった副題を掲げていたこともあり、会場に来ていた民主党の秘書の方からも25条の視点から何とかしなくては、という趣旨の好意的な意見がでるほどでした。
 講演会の重要なキーワードである憲法9条と25条を車に例えると両輪。それぞれを支える運動の中心層は“九条の会”が中高年、他方の生存権としての“反貧困”が若者、と言う構図があります。中高年と若者をつなげた社会や地域での活動が大切です。また、名古屋や大阪という地域で起きている政治改革の潮流についてもふれ、過去の革新自治体とは異なる政治を変える動きがあり、地域から政治を変えられるということの証明だと話されました。その教訓として、「国家公務員の出先の人たちは地域で活動し、直接、地域の住民の様々な困難を感じようとしている。こういった公務員の人たちを支えるためにも地域から政治を変える運動が大切」と私たちのサポーターを増やす呼びかけもして頂けました。
 こういった大規模な講演会を無料で開くのは財政面でも大変ですが、今後も「憲法(理念の実現)をめざした地域(からの国民)主権」を掲げた県国公の色々な形で地域住民と意見交換ができる場を設けることが大切だと、あらためて実感できた講演会でした。

あけましておめでとうございます

 本年もよろしくお願いいたします。▼さて、2012年度から公務員の協約締結権回復とこれに基づく協約交渉が開始されます。同時に現在の人事院勧告・人事委員会勧告による制度が2011年度で廃止される予定です。そうなれば、公務員が憲法28条に保障された労働基本権を取り戻し、賃金や労働条件の決着を主として交渉ではかることになります。これは、なんと63年ぶりのことです。▼こうした情勢のもとで、2011春闘がたたかわれます。公務員にとって「春闘は民間のもの」という意識だったことは否めません。しかし、今後は公務員が春闘期のたたかいへ本格的に軸足を移していくことが重要になってきます。賃金削減のマイナススパイラルを許さないために、文字通り官民共同でたたかう2011春闘にしていかなければなりません。切実な課題である最低賃金の底上げをはじめ、すべての労働者の賃金改善を勝ちとるたたかいと公務員賃金の改善をはかる課題を重ね合わせることが大切です。そのためには、未だに根強くある「公務員は民間と比べればまだまし」という意識を払しょくすることも必要でしょう。こうしたことは口で言うほど容易ではありませんが、知恵を出し合ってなんとしても乗り越え、実りある2011春闘にしていきましょう。
県労連議長 村上達也

プロフィール

岐阜県労連

Author:岐阜県労連
■岐阜県労働組合総連合
〒500-8879 岐阜市徹明通7-13 岐阜県教育会館402号
電話:058-252-3013 FAX :058-253-4996

労働相談ホットライン

■岐阜県労働者相談センター
0120-378-060(フリーダイヤル)

コメント欄での労働相談は受付ておりません。
お手数ですがフリーダイヤルにお願い致します。

岐阜県最低賃金:時給724円

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。