スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東濃地域労連結成に向け、学習決起集会を開催

2010春闘勝利 笑顔で働ける職場をめざして
20100117恵那地域労連

 東濃地域労連結成準備会は、1月17日に恵那教育会館において学習決起集会を開催しました。参加者は地域の自治労連、生協労連、建交労、年金者組合などから集まりました。
 集会の講師として県労連の平野事務局長を招きました。その後、参加者それぞれの職場状況や春闘に対しての決意が語られ意見交換や交流を深めました。最後に、今年の夏を目処に、地域労連を正式結成することと、そのための当面の活動提起と準備会の役員を決めて閉会しました。
 参加者からは「要求を実現するためには、地域の労働者や労働組合が協力し合うことが大切だ」などの感想が聞かれました。
スポンサーサイト

第17回評議員会・大きく打って出る春闘に!

 岐阜県労連第17回評議員会が2010年1月10日、長良川スポーツプラザで開かれました。当日は18時より、「県労連結成20周年記念レセプション」も同会場で行われ、歴代の議長の出席を始め、多くの組合員と20周年を祝いました。
20100110第17回評議員会
 最初に村上議長は挨拶で「新政権の政策では高校授業料無償など我々の要求が実現する可能性がある反面、普天間、後期高齢者医療問題のように不確定な要素もたくさんある。アメリカ従属、大企業本位から抜け出せていない」と指摘し「賃金カットなど経済の悪循環を跳ね返す、実りある討論を」と訴えました。
 続いて平野事務局長が10春闘方針案について提案。「労働組合の組織率は岐阜県で16・5%。多くの労働者を迎え入れ、みんなで闘う地域春闘を。貧困と格差をなくす取り組みが重要だ。この春闘での労働法改正が試金石となる。派遣労働の規制をきちんとさせるよう1万筆署名をめざす。核兵器のない世界への運動でも変化が生まれている。NPTには県労連から代表派遣を。憲法改悪も国民投票法など油断できない。長時間労働、サービス残業をなくすことによって新たな雇用が生まれる。勤務状況を把握するカレンダーを作って活用したい。今こそ労働組合の真価が求められている。期待に応えるよう奮闘したい」と提案をしました。その後11名が発言し活発な討論がされました。
 総括で平野事務局長は「賃上げ1万円以上については私たちの要求がどこにあるのか、そこから出発している。具体的な要求になっているかどうかは各職場地域で議論してほしい、この春闘思い切って打って出たい」と述べました。
 挙手による方針案の採決にうつり、議案は全て賛成多数で可決されました。閉会挨拶で森副議長は「世の中の情勢は厳しいがこういう機会がチャンスだ」と訴え、全員の団結がんばろうで評議員会を終えました。

続きを読む

プロフィール

岐阜県労連

Author:岐阜県労連
■岐阜県労働組合総連合
〒500-8879 岐阜市徹明通7-13 岐阜県教育会館402号
電話:058-252-3013 FAX :058-253-4996

労働相談ホットライン

■岐阜県労働者相談センター
0120-378-060(フリーダイヤル)

コメント欄での労働相談は受付ておりません。
お手数ですがフリーダイヤルにお願い致します。

岐阜県最低賃金:時給724円

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。